記事

2018年2月18日

  • 2018年02月18日(日)

    エチュード10の3

    午後3時の古仁屋港。風に膨らむ色とりどりの紙テープ。手書きの横断幕。

    離任される先生を見送りに多くの生徒や職員が集まります。波穏やかです。

    逆光による影は別れの涙と寂しさを少しだけ隠しているようにも感じます。

    大島海峡を小さくなっていく船に感謝と惜別の情は大きくなるばかりです。

2018年2月15日

  • 2018年02月15日(木)

    4月号

    図書館に入り,表紙の変わった雑誌を見つけると3月号になっていました。

    予告の「4月号」の文字に春の訪れと新年度への期待と不安が混ざります。

    まだ終わってもいないのに,すでに新しいことも始まろうとしています。

    新しいページをめくる3年生の4月号には何が描かれているのでしょうね。

2018年2月14日

  • 2018年02月14日(水)

    おもうわよう

    伊豆諸島の青ヶ島の方言には「さようなら」の意味の言葉があるそうです。

    「おもうわよう」という言葉です。熊本日日新聞のコラムで知りました。

    「離れていても,あなたのことを思っているからね」と心がこもります。

    古仁屋高校にも島を離れる生徒がたくさんいます。おもうわよう…ですね。

2018年2月13日

  • 2018年02月13日(火)

    森の恵み

    ふと森に目をやると木の枝は森の血管に,葉は森の皮膚のように感じます。

    森も生きているんだと思います。生き生きとした森には元気をもらいます。

    受験生は知識に限らず孤独や不安,忍耐なども栄養に成長していきます。

    大自然から湧き上がる力を全身に感じながら,受験生は今日も成長中です。

2018年2月12日

  • 2018年02月12日(月)

    キルタンサス

    ピンク色の絵具で力強く直線を描いたように,道路に沿って花が咲きます。

    濃いピンク色の列には心を惹かれます。キルタンサスという名前の花です。

    住用のバンガロー近くでその花はうつむいて頬を染めているかのようです。

    忘れられない花。もう一度と願う花。心の中にも花が咲いていくようです。

2018年2月10日

  • 2018年02月10日(土)

    無知と未知

    本を読んでいると,思いもしない展開や世界が目の前に広がっていきます。

    著者たちの言葉と想像力のすごさに驚くとともに,引き込まれていきます。

    自分のいる世界。自分のいない世界。本にはたくさんの扉がありそうです。

    自分だけの狭い世界に閉じこもらず,未知の世界へと踏み出したいですね。

2018年2月6日

  • 2018年02月06日(火)

    人生いろいろ

    赤ちゃん先生は泣いたり,笑ったり,戸惑ったりしながら日常を伝えます。

    真剣に人生を語るママたちの姿に,生徒たちはどんどん引き寄せられます。

    赤ちゃんの成長は,私たちの成長にもつながっているのかもしれませんね。

    赤ちゃん先生には「初心」を教わりました。素敵な時間に感謝いたします。

  • 2018年02月06日(火)

    はじめまして

    赤ちゃん先生がママといっしょに「はじめまして」の握手をしていきます。

    5名の赤ちゃん先生を特別講師にお迎えして,3年生に命の授業を行います。

    赤ちゃん先生からすると周りを取り囲む私たちは何に見えるのでしょうね。

    優しく好意的な怪獣。笑みを浮かべる宇宙人。自分と似ている変な生き物。

2018年1月31日

  • 2018年01月31日(水)

    22世紀

    今の子どもたちは22世紀を生きている。平井総一郎氏の講演での話です。

    ドラえもんの誕生日は西暦2112年9月3日です。皆さんはご存知でしたか。

    大人になった子どもたちの横をドラえもんが歩いているかもしれませんね。

    未来には不安もありますが希望もあります。未来も世界もすぐそこですね。

  • 2018年01月31日(水)

    耳をすませば

    高校の教室からこの町の景色を見渡すことがあと何回あるのでしょうね。

    澄んだ空気に響く鳥の囀り。風に揺れる森の音。定刻に響き渡る鐘の音。

    町のスピーカーから聞こえてくる海上悪天候によるフェリー欠航の連絡。

    何もかもが思い出となるのでしょうか。明日から3年生は自宅学習です。

2018年1月25日

  • 2018年01月25日(木)

    ホットケーキ

    日本最低気温の日にちなみ,寒い日にはホットケーキで暖まりましょう。

    今日はホットケーキの日だと知りました。優しい記念日に心が温まります。

    どんな日でも何かの記念日になっているんですね。今日から卒業考査です。

    表情や行動に今までの努力の跡がにじみます。明日はコラーゲンの日です。

2018年1月20日

  • 2018年01月20日(土)

    サクラ咲ク

    女子バレー部が白と紫の真新しいユニフォームで県新人戦に挑みました。

    先週末の大荒れの天気とは違い,今週末は穏やかな春の陽気を感じます。

    明桜館高校戦でサクラを咲かせ,龍桜高校戦で名残惜しくも散りました。

    奄美ではヒカンザクラが咲き始めています。どちらの満開も楽しみです。

2018年1月14日

  • 2018年01月14日(日)

    晴天愛人

    センター試験二日目。寒さと緊張に体を固くしていた昨日とは違います。

    気温も上がり,リラックスしているようにも見えます。いいお天気です。

    控室の図書館から見える空はずっと向こうまで青でした。いい予感です。

    多くの先生方からの激励に生徒たちは笑顔で応え,教室へと向かいます。

2018年1月13日

  • 2018年01月13日(土)

    教室温暖化

    センター試験一日目。大島高校の安陵図書館が古仁屋高校の控室でした。

    徐々に冷えて,手先や足先が動きません。晴れているけど強風と雨です。

    試験会場となる教室は人が多いため暖かいようです。教室温暖化ですね。

    お弁当に見られる鳥のおかずは,点数をトリに行くゲン担ぎでしょうか。

2018年1月10日

  • 2018年01月10日(水)

    花束

    花屋さんに行くと,花の色の数だけ心の中にも色が生まれる気がします。

    見たこともない花や舌をかみそうな名前の花がたくさん咲いています。

    ふくよかなバラや存在感のあるユリなどにはどうしても目を奪われます。

    花束を手にするとカスミソウの存在に人生や役割を考えてしまいますね。

  • 2018年01月10日(水)

    受験生だもの

    生きていく中でまだ感じたことのない感情はあといくつあるのでしょうか。

    家族との生活。仲間たちとの日常。受験での葛藤。部活動での喜怒哀楽。

    小さくても大きくても忘れてはいけない気持ちは,たくさんありますよね。

    大学入試センター試験が迫ります。受験生は今日も模擬試験に奮闘中です。

2018年1月9日

  • 2018年01月09日(火)

    冬がはじまるよ

    いつもの心地よさとは違う風が,窓の外でうなりをあげて吹いています。

    今朝の奄美は,冬の到来を感じる寒さです。始業式を凛と引き締めます。

    今日と明日は課題考査です。「寒いですね」のあいさつが行き交います。

    奄美にいると寒さには弱くなるのかもしれません。春までもう少しです。

2018年1月8日

  • 2018年01月08日(月)

    毎日がスペシャル

    空を見上げて雲のかたまりを見ながら何かに似ているはずだと考えます。

    何もない日は退屈な日ではなく,無事に過ごせた日だと感じたりします。

    何もないと思う日でも,他では様々なことが起こっているとも感じます。

    丁寧に過ごす一日の積み重ねが一年ですよね。いい一年にしたいですね。

2018年1月4日

  • 2018年01月04日(木)

    謹賀新年

    皆様には幸多き新春を迎えられたことと存じます。奄美は晴天が続きます。

    古仁屋高校の正門を入ると,左側の大きなデイゴの木が出迎えてくれます。

    せん定された大きな幹の一部には,象の顔に見える場所があるんですよ。

    夢を叶える象だと勝手に思いつつ,受験生の健康と健闘を今日も願います。

2017年12月28日

  • 2017年12月28日(木)

    運命

    自分の世界に入り込める机の上の勉強はどこまでも世界を広げてくれます。

    他人がいる生活の中で,思いやりのある行動が取れることも大切ですよね。

    運命には自分で切り拓けるものとそうでないものがあるような気がします。

    何か起きる前に見えないものの大切さに気付いて行動できるといいですね。

2017年12月26日

  • 2017年12月26日(火)

    記憶の欠片

    思い浮かんだこと。考え付いたこと。ふと心をよぎる感情。届けたい思い。

    頭の中にためておこうとするといつの間にか無くなっていたりしませんか。

    すぐに書き留めないと,何を考えていたのかさえ分からなくなってきます。

    その欠片すら思い出せません。失くしたものはどこへ消えるのでしょうね。

2017年12月24日

  • 2017年12月24日(日)

    3月のサンタ

    幼い頃は世界中のどこかにサンタさんがいると思っていませんでしたか。

    サンタさんが見えなくなったのは,もう子どもではないからでしょうか。

    今日はどの町の子どもたちにプレゼントを準備しているのでしょうね。

    クリスマスもない受験生には「合格」を届けてあげてほしいと願います。

2017年12月22日

  • 2017年12月22日(金)

    太陽の復活

    冬至を境に日が長くなります。太陽の力が甦るとの見方もあるようです。

    冬至は好転の節目だと新聞に教えられました。運が向いてくるのです。

    誰にとっても「冬至」ですが,知っているだけで心に張りが出ませんか。

    今日は冬至であり終業式です。明日から更なる力がみなぎる気がします。

2017年12月21日

  • 2017年12月21日(木)

    栄光へ架橋

    冬晴れの空の下,男子の野太い声と女子の黄色い声が職員室まで響きます。

    学級のまとまり。学年のまとまり。対戦を通して学校もまとまります。

    いつも以上に引き締まった顔に,頼もしさや寂しさを感じさせられます。

    手に汗握るクラスマッチ終了後も,受験生は合格へ向けて鉛筆を握ります。

2017年12月19日

  • 2017年12月19日(火)

    日常のない場所

    受験生はテレビではなく,自分の未来や世界を見ているのだと思います。

    あの頃の自分に視野を広げる気持ちがあれば,違う現在もありそうです。

    自分の日常がない場所にあるチャンスや発見は成長のきっかけですよね。

    世界に触れることで目の前のことが小さく思えてくるのかもしれません。

2017年12月16日

  • 2017年12月16日(土)

    甘味大島

    奄美大島は「甘味大島」なのかもしれません。甘いものが溢れています。

    サトウキビ,たんかん,パッションフルーツ,マンゴーなどの甘い食材。

    そこにいるだけで,見ているだけで心の棘が溶けていくような甘い場所。

    甘くて美味しいもの,甘くて優しい場所がここにはいっぱいありますよ。

2017年12月13日

  • 2017年12月13日(水)

    心の負担

    元気な挨拶。目で交わす挨拶。笑顔を添える挨拶。挨拶も色々ですよね。

    相手の挨拶を待つと,何もなくすれ違ったときに心が重くなりませんか。

    自分から挨拶をすると決めることで,心の負担は少し取れる気がします。

    挨拶は一日の始まりを積極的に,一日の終わりに充実感をもたらします。

2017年12月7日

  • 2017年12月07日(木)

    ぶらり古仁屋

    卒業を前にLHRを利用して3年生の各学級が古仁屋をぶらりしています。

    いつもの商店街や町並みが,なぜか新鮮にどこか懐かしく見えてきます。

    町のシンボルのコーラル橋や海の駅からはなかなか離れ難いようでした。

    島を離れて帰って来たときには少し違う町に見えるのかもしれませんね。

2017年12月6日

  • 2017年12月06日(水)

    ふわり京都

    記憶の中の夏の雲とは違う形の雲が空の青を背景にふわり浮かんでいます。

    古仁屋高校の前を流れている雲は,京都の空にも流れて行くのでしょうか。

    ひとつしかない太陽は,奄美大島で見ても京都で見ても同じなんですよね。

    校舎の窓に夕日が差し込みます。今日の京都タワーは何色なのでしょうね。

2017年12月5日

  • 2017年12月05日(火)

    のび太くん

    あの青年は人のしあわせを願い,人の不幸を悲しむことのできる人だ。

    しずかちゃんのパパが,結婚前夜のしずかちゃんに語りかける言葉です。

    社会人になる前の生徒たちも「人を幸せにしたい」と夢を膨らませます。

    人の幸せを自分の幸せにできる。みんなに笑顔があふれるといいですね。