アーカイブ

2017年3月

  • 2017年03月30日(木)

    サンガツサンチ

    今日は旧暦の3月3日です。奄美では女の子の初節句をお祝いします。

    卒業式,離任式,引越し等を経て,また新しい季節が廻って来ました。

    次の一歩を楽しみにしている人,何となくためらってしまう人。

    いろんな気持ちは取りあえずそばに置いて,春を感じてみませんか。

  • 2017年03月24日(金)

    春なのに

    古仁屋高校では終業式と同じ日に離任式が行われます。

    「県内一の学校にする」という思いで邁進されてきた日々を知りました。

    周りが入り込めない時間や思い出があることに羨ましさを感じました。

    先生方の思いは,生徒たちと我々が引き継いで行きますからね。

  • 2017年03月15日(水)

    午前11時

    本日,合格者の受検番号が校舎入口前に掲示されました。

    「なんでもない会話なんでもない笑顔なんでもないからふるさとが好き」

    俵万智さんの「サラダ記念日」の中の一首が高校生活と重なります。

    4月からは古仁屋高校が新しい日常になりますね。お楽しみに…。

  • 2017年03月08日(水)

    涙のち晴れ

    国公立大学前期日程の結果が次々に発表されています。

    嬉しい涙と悔しい涙。一生懸命な人だけが流せる涙があると思います。

    辛いときにそばにいてくれた人を大切にしてくださいね。

    積み重ねた努力は未来へと繋がっています。また頑張ればいいんですよ。

  • 2017年03月07日(火)

    サクラサク

    今日は奄美群島が国立公園に指定された日となりました。

    朝から吹いている強い風は,もうひとつ吉報を運んで来てくれました。

    愛知県立大学外国語学部「合格」です。おめでとう。

    努力が報われた日にも,恩返しができた日にもなりましたね。

  • 2017年03月01日(水)

    元気でね

    「辛い時こそ空を見て笑うんだぞ」

    卒業する娘に母親から贈られた言葉の中の一文です。

    お互いに寂しくて泣きたくて会いたい日々が続くのかもしれません。

    だけど,きっと良かったと思える日が来るはずです。元気でね。

  • 2017年03月01日(水)

    涙とギター

    厳粛な卒業式の後に,各学級では最後のLHRが行われました。

    1組では川越先生から贈られる言葉が惜別の涙へと変わっていました。

    2組には隈元先生の覚えたてのギターが心地よく響いていました。

    その後の誰もいない教室はどことなく寂しさを我慢しているようでした。