学びの庭の朝夕

  • 2018年08月03日(金)

    失われた色

    対岸の加計呂麻島にはまだモヤがかかり本来の色を見ることができません。

    写真に撮りたくなる奄美大島には眩しい太陽が必要なのかもしれませんね。

    昨日で前期夏季課外は終了です。心なしか空に青が増えている気がします。

    今日の学校は人も少なくてとても静かです。生徒がいてこその学校ですね。

  • 2018年08月02日(木)

    黒い楽譜

    部活動紹介で演奏した吹奏楽部の悔し涙の理由を感じる場面がありました。

    演奏のときに開かれていた楽譜は真っ黒でした。遠くからでも分かります。

    練習でのやり取りなのでしょうね。指揮者の鳩野先生と10名の部員たち。

    指揮者を見てリズムと緊張をとっています。演奏後の言葉に感じ入ります。

  • 2018年08月02日(木)

    銀の涙

    前例にない迷走する台風の影響で,今週は晴れと曇りと雨の繰り返しです。

    今日は体験入学です。中学3年生だけでなく中学2年生も対象となります。

    部活動紹介は先日のコンクールで悔し涙を流した吹奏楽部から始まります。

    最後に選択するのが古仁屋高校であると嬉しいです。また会いたいですね。

  • 2018年07月27日(金)

    青いブタ

    教室の外に目を移すと,太陽の光で熱せられる先生方の車が並んでいます。

    青い車のダッシュボードから青いブタが黒い目でこちらを見上げています。

    青いブタの「がんばれよ」という目に「がんばるからね」と心で応えます。

    汗をにじませながらがんばる生徒たちに,涼しい風の差し入れが届きます。

  • 2018年07月26日(木)

    昨日今日明日

    毎年2年生は,夏季課外中にインターンシップを3日間の日程で行います。

    瀬戸内町役場や南大島診療所など将来を見据えた場所でお世話になります。

    2年生の先生方は,奮闘している生徒たちの姿の写真を撮りに出かけます。

    花束をラッピングしたり試掘調査の準備をしたり充実した日々が続きます。

  • 2018年07月25日(水)

    あとで分かる

    午後からは北九州予備校の黒木浩二先生を迎えて,講演会が行われました。

    何も望まなければ,人は傷つかない。本気の人ほど頂点を目指したくなる。

    失敗しても傷ついても何度でも挑戦してほしい。その意味はあとで分かる。

    夢を実現する人がひとりでも出てほしいとの献身的な姿に闘志が湧きます。

  • 2018年07月24日(火)

    海賊王になる

    ひとりでやると決めるまでに,どれだけの時間を心の葛藤に費やしますか。

    甘えや依存が行動を鈍らせたり判断を誤らせたりすることはありませんか。

    自分のやるべきことは何なのか。自分で答えを見つけて頑張るのみですね。

    決断して宣言して行動して仲間とともに合格を目指す。受験も冒険ですね。

  • 2018年07月23日(月)

    巨大扇風機

    台風で中止となった進路ガイダンスが多くの方々のご好意で開催されます。

    講師の方々の熱のある話に生徒たちも前のめりです。声も大きくなります。

    巨大扇風機が体育館の前後でフル稼働しています。今日はまだ涼しいです。

    県本土からも奄美空港からも遠い学校まで来ていただき,感謝いたします。

  • 2018年07月23日(月)

    夏休みの宿題

    がんばりたい人には,いつも以上にたくさんの時間が取れる夏が来ますね。

    そうでない人には,いつも以上のたくさんの宿題にため息が出そうですね。

    問題に向き合う夏になるのでしょうか。答えを写す夏になるのでしょうか。

    この夏をどんな気持ちで乗り切るかが大事ですね。今日から夏季課外です。

  • 2018年07月22日(日)

    絵になる町

    立ち並ぶガジュマルが形作るトンネル。防波堤沿いに止められた軽自動車。

    眼前に広がる青い海。波の音しか聞こえない砂浜。青い空に浮かぶ白い雲。

    写真に切り取る風景は,わたせせいぞうさんのイラストを思い起こします。

    瀬戸内町の白浜です。絵になる町の小さな高校でも明日から夏季課外です。