アーカイブ

2016年12月

  • 2016年12月28日(水)

    2016年にKANSHAして

    素晴らしい仲間と素敵な思い出に溢れていましたね。

    毎日の試行錯誤が未来へと繋がっていましたね。

    つらいときや逃げ出したいときにも励まされる笑顔がありましたね。

    プライスレスな時間をありがとうございました。またがんばりましょう。

  • 2016年12月21日(水)

    必勝懸命(クラスマッチ)

    昨日までの雨のため朝7:00過ぎのグラウンド整備で一日が始まりました。

    事前の準備,大会運営など多くの人の支えにより成り立っていることを

    実感しました。喜ぶ人や悔しがる人など笑顔と汗と涙と声援がありました。

    3年生にとってはまたひとつ「終わり」が増えることになりましたね。

  • 2016年12月20日(火)

    もみじが咲く

    奄美の木々は私たちに緑色が一色でないことを教えてくれています。

    修学旅行の感想文では,京都の色づいた木々を見て「奄美にももみじ

    が咲いてほしい」と表現した生徒がいました。いい感性ですよね。

    もちろん,葉の色が変わることは知っていました。念のため…

  • 2016年12月09日(金)

    京阪より鶏飯(修学旅行4日目)

    まるで時間を巻き戻しているかのように初日に見た風景が近づいてきます。

    伊丹空港が確認できる頃には,寂しさと名残惜しさが表情に読み取れます。

    奄美到着後は,ひさ倉で鶏飯です。なぜか一番落ち着く時間にも感じます。

    修学旅行は終わっても,楽しかった思い出はずっと続いていきそうですね。

  • 2016年12月08日(木)

    時間よ止まれ(修学旅行3日目)

    USJに到着すると,道路に水で描いたミニオンの歓迎が待っていました。

    ホグワーツ城を見た私たちは一瞬で魔法にかかり,吸い込まれていきます。

    人が多くて大変だけど,アトラクションの一部だと思えば面白いですよね。

    いっぱい歩いて乗って笑って叫んで買って,ここにも夢の国がありました。

  • 2016年12月07日(水)

    夢じゃない(修学旅行2日目)

    京都には夢や歴史,感動がたくさんあります。京都弁が心地よく響きます。

    自主研修の一日は,違う世界で別な人の時間を過ごしているようでしたね。

    右に歩いても左に曲がっても前に進んでも後ろに戻っても,京都でした。

    手元にあるお土産といっぱいの思い出に,夢じゃないと確信できましたね。

  • 2016年12月06日(火)

    あをによし寧楽(修学旅行1日目)

    バスの車窓からは,奈良県の街づくりへの積極性と行動力が伝わります。

    東大寺に到着すると,歴史の重さや深さに身が引き締まる思いがします。

    もっと違う奈良県を知りたい。修学旅行はそのきっかけなのでしょう。

    再び訪れたい場所,時間を満喫する場所が奈良県なのかもしれませんね。

  • 2016年12月05日(月)

    啐啄同時

    私たちは古仁屋高校は生徒が夢に近づいていく場所だと思っています。

    いよいよセンター試験が近づいてきました。本校の受験生は特別時間割で

    猛勉強の真っ最中です。殻が破れる日はすぐそこまで来ているはずです。

    生徒たちと先生方の奮闘は今日も続きます。

  • 2016年12月01日(木)

    NEWフェリーかけろま

    瀬戸内町古仁屋と加計呂麻島を結ぶ「フェリーかけろま」が新しくなり,

    12月1日に運航開始されます。いつの間にか古いものが新しくなり,

    古いものは記憶から消えてしまいます。

    当たり前の景色が新しくなるのは嬉しくもあり,寂しくもありますね。