• 2017年10月13日(金)

    ご馳走

    学校の図書館の新刊には心躍ります。雑誌「MOE」もそのひとつです。

    小川糸さんの「旅ごはん」に,ラトビアで胸にしみた言葉がありました。

    「パンが痛がらないよう,必ず手でちぎって食べてください」

    いつもパンをどのように食べますか。時間と心に余裕を持ちたいですね。

  • 2017年10月02日(月)

    エビフライ

    奄美新聞の一面の「森のエビフライ」という言葉に,目がとまりました。

    初めて目にするエビフライに興味津々です。どんな食べ物かと想像します。

    ケナガネズミの松ぼっくりの食痕が,エビフライの形に似ているそうです。

    森の宝石。森の使者。森のバター。森の中は素敵な名前がいっぱいです。

  • 2017年10月01日(日)

    海に吠える

    無人島にひとつ持っていくとしたら何ですか。よく耳にする質問ですよね。

    「無人島」は面接の質問やテレビの中だけのことだと思っていました。

    加計呂麻島の向こう側には,無人島とウルトラマリンの海が広がります。

    波に削られた岩は,海に吠えるライオンに見えたりもします。絶景ですよ。

  • 2017年09月25日(月)

    宝物

    与論島で行われたサッカーの大島地区大会を最後に3年生が引退します。

    サッカーをするには狭いグラウンドでの,工夫された練習の日々でしたね。

    結果は通過点です。出会った仲間とサッカーは一生の宝物だと思います。

    「県大会出場」への悲願は後輩に託されました。新たな一歩が楽しみです。

  • 2017年09月20日(水)

    竹とんぼ

    名瀬と古仁屋の間では多くの場所で「ヒカゲヘゴ」を見ることができます。

    太古の昔へと誘い,時間の感覚を狂わされる奄美大島の象徴的な植物です。

    鋭い日射しは葉の元気を奪っていましたが,近頃は涼しさも感じられます。

    元気になったヒカゲヘゴは,羽根を増やした竹とんぼのようにも見えます。

  • 2017年09月16日(土)

    前へ

    変わらない自分。変えられない自分。心の葛藤に自問自答を繰り返します。

    「そのまま」と「ありのまま」は似ていますが,違うような気もします。

    日常はきっかけとチャンスにあふれています。掴めているでしょうか。

    あの頃の自分は未熟だった。そう思える日が来るように頑張りたいですね。

  • 2017年09月15日(金)

    夜明け

    昨日から大島地区大会が始まり,女子バレーボールは2年ぶりの参加です。

    台風の影響で開催も心配されましたが,予定の全チームが参加できました。

    負けは弱点を突き付けます。自分たちの殻を破ることを求めてきます。

    嬉しさは少しだけ。ほとんどが悔しさ。次の県大会での活躍を誓いました。

  • 2017年09月15日(金)

    大島地区大会

    目を合わせる。微笑む。うなずく。チームの絆が太くなる瞬間があります。

    試合とともに成長していく選手たちを頼もしく感じます。すべて勉強です。

    相手をうらやんでもしょうがないですよね。できることを一生懸命にする。

    勝負の流れは行ったり来たり。心の強さが問われる刹那に備えたいですね。

  • 2017年09月14日(木)

    心願成就

    3年生の教室の前を通ると「出発の日」と大きい見出しが黒板に見えます。

    明後日の就職試験からセンター試験までの個人の日程が記入されています。

    名前と日付だけですが,お互いに関心をもつ雰囲気がいいなと感じます。

    台風18号が接近中です。無事に目的地に到着することを祈るばかりです。

  • 2017年09月13日(水)

    いい日旅立ち

    就職試験への旅立ちの日が迫ります。船や飛行機で目的地へと向かいます。

    日本各地に生徒たちを待っている多くの人たちがいます。会社があります。

    遠い街でひとりになったとき,彼らはどんな歌を道連れにするのでしょう。

    試験を終えたら,元気に帰って来てくださいね。古仁屋で待っていますよ。