• 2018年06月08日(金)

    いつの日か

    春の大島地区の野球大会が行われています。雨の影響を受けた大会でした。

    公式戦初参加の1年生は日頃の清掃ではトイレを隅々まで笑顔で磨きます。

    結果は代打で三振でした。またトイレ掃除を頑張りますと笑っていました。

    トイレの神様はきっと野球の神様と友達です。いつか輝かせてくれますよ。

  • 2018年06月07日(木)

    アンバランス

    人を理解することは簡単ではありません。自分を抑えることもありますね。

    日常の中では「違い」を受け入れる心の大きさが問われる場面があります。

    当たり前だけど周りの人は自分とは違いますよね。違いが成長を促します。

    みんなが悩んでいて,みんなが頑張っています。今週は教育相談期間です。

  • 2018年06月07日(木)

    獅子座流星群

    数学の解答用紙に斜線が並びます。採点ペンで容赦ない印が付けられます。

    紙の上にたくさんの星が流れます。間違いや失敗は正解には必要ですよね。

    流れ星のような斜線には,次は正解しますようにとの願いが込められます。

    落ち込む生徒の目は再び真剣になります。すぐに願いは叶えられそうです。

  • 2018年06月06日(水)

    夕方の空

    澄んだ青に何色を混ぜるとあれほど美しい夕方の空の色になるのでしょう。

    夕方の空には,郷愁や寂寞や物悲しさが混ざっているような気がしました。

    目で見えているものに,心が少しだけ色を付けているのかもしれませんね。

    梅雨で薄暗い日中が続きます。次の夕方の空はいつ見られるのでしょうね。

  • 2018年06月04日(月)

    海の上の舟

    奄美大島と県本土を往復するフェリーの上で,西郷さんを思い浮かべます。

    海で雨風を凌ぎ,夜は暗闇に閉ざされる。恐怖しか想像できませんでした。

    自分がどこにいるのか,この先どこへ向かうのかさえ分からなくなります。

    県総体の後は「受験の夏」です。希望を抱き,信じる方へ進みたいですね。

  • 2018年05月25日(金)

    夜の船旅

    柔道部は個人戦。サッカー部は松陽高校。男子バスケット部は鹿児島高校。

    ソフトテニス部は名桜館高校。女子バレー部は鹿屋高校。初戦の相手です。

    生徒達は転勤された先生方にもいい報告を届けたいと頑張っていましたよ。

    夜の名瀬港には奄美大島の高校生達が集まります。試合前々日の光景です。

  • 2018年05月24日(木)

    特別な場所

    都会への憧れでしょうか。雲の隙間から見える青空の形が東京に見えます。

    古仁屋高校は来年度から,しまね留学を参考に「こにや留学」を始めます。

    西郷さんは奄美大島で約3年を過ごしました。人も自然も魅力に溢れます。

    あなたの3年間に古仁屋高校はいかがですか。今日は生徒総会を行います。

  • 2018年05月22日(火)

    手紙

    イソヒヨドリの鳴き声と扇風機のうなる音が静かな教室の中で重なります。

    総合の時間では1年生が中学校でお世話になった先生方へ手紙を書きます。

    封筒には手紙と一緒に,その場の空気やその時の気持ちが詰め込まれます。

    もう何年も手紙を書いてないなと思いつつ書きたい人へと思いを馳せます。

  • 2018年05月19日(土)

    カラスと地震

    やけに沢山のカラスが驚くほどにかまびすしく鳴いているときがあります。

    地鳴りや木の揺れを伴う地震と関係しているのではないかと疑っています。

    私たちには感じられない変化を動物が教えてくれることは多々ありますね。

    近くにいるから気づく小さな変化があります。今日のカラスは穏やかです。

  • 2018年05月15日(火)

    何となく

    自分が時間を守れないなら相手の時間も大事にできてないかもしれません。

    自分に対して「何となく」だと,相手にも「何となく」となりそうですね。

    約束事や時間を守ることは,相手を大事にすることなのかなと思いました。

    自分のことがしっかりできて相手を尊重することにつながるのでしょうね。