▼学校行事▼

  • 2017年04月28日(金)

    トンネルノムコウ

    右側に太平洋を見て,国道58号線を北上すると三儀山の体育館です。

    バスのカーテンを突き刺す陽光が「古北戦」の熱気を予感させます。

    交流戦には想像以上の歓声と興奮があり,両校の一体感を高めました。

    学校に帰るバスが到着して目を覚ますと,少し早い夏が始まります。

  • 2017年04月07日(金)

    はなびら

    入学式の後は,加計呂麻島が見渡せる教室で初めてのLHRです。

    1組の生徒には高良先生の情熱が注ぎ込まれ,輝きを増していました。

    太田先生の2組の黒板には,はなびらが6枚の桜が描かれています。

    1枚多いはなびらは,幸運の訪れを願って添えられていたようです。

  • 2017年04月06日(木)

    花も人も

    始業式も終わり,入学式の準備中にお花屋さんから声がかかりました。

    「正門から見えるお花に元気がないですよ」

    今にも力尽きそうな花たちに誰もが気付いていたはずなのに…。

    きれいなときだけでなく,いつでも心を注げる人でありたいですね。

  • 2017年03月24日(金)

    春なのに

    古仁屋高校では終業式の後に離任式が行われます。さみしさが重なります。

    「県内一の学校にする」という思いで邁進されてきた日々を知りました。

    私たちが入り込めない時間や思い出があることに羨ましさを感じました。

    旅立つ先生方の思いは,生徒たちと私たちが引き継いで行きますからね。

  • 2017年03月01日(水)

    元気でね

    「辛い時こそ空を見て笑うんだぞ」卒業する娘に母親が贈った一文です。

    母親が一文に込めた思いを想像すると,胸が締め付けられる気がします。

    お互いに寂しくて泣きたくて会いたい日々が続くこともあると思います。

    離れることも子育てなのかもしれませんね。すぐに笑える日が来ますよ。

  • 2017年03月01日(水)

    優しさとギター

    厳粛な卒業式の後に,各学級では高校最後のLHRが行われていました。

    1組では川越先生から贈られる優しい言葉に,こらえていた涙が零れます。

    2組では隈元先生が覚えたてのギターで「乾杯」を弾き,卒業を祝います。

    その後の誰もいない教室は,どことなく寂しさを我慢しているようでした。

  • 2017年02月21日(火)

    高校生に乾杯

    NHKの「家族に乾杯」に,いちき串木野市の高校生が出演していました。

    礼儀正しい高校生。夢を追いかける高校生。夕陽を見つめる高校生。

    今日が出校日の3年生からは後輩たちに貴重な進路体験が伝えられました。

    古仁屋高校で育ってきた生徒たちが,もうすぐ全国に羽ばたいて行きます。

  • 2017年02月14日(火)

    お母さん

    3年生の出校日に合わせて数名の「赤ちゃん先生」に来校して頂きました。

    産まれる前からのお母さんの深く温かな愛情には圧倒されるばかりでした。

    赤ちゃん先生は私たちに,反省と感謝を促しているようにも感じました。

    何歳になっても私たちはかけがえのない存在なのですね。いい授業でした。

  • 2017年02月03日(金)

    加計呂麻遠行

    加計呂麻島のコースは起伏に富み,平坦な道は少しだけしかありません。

    一本道のため近道もありません。一途にゴールを目指すしかないのです。

    この先,生徒たちが選ぶ道や歩む道への心構えを体感しているようでした。

    共有した時間と加計呂麻島はずっと変わらないものであってほしいですね。

  • 2016年12月20日(火)

    もみじ咲く

    奄美大島の木々は,私たちに緑色が一色でないことを教えてくれています。

    修学旅行の感想文には「奄美にももみじが咲いてほしい」とありました。

    黄色や赤色の花が咲いたように見えたのでしょう。素敵な思い出ですね。

    奄美大島にないものが,京都や大阪にはありました。また行きたいですね。